メニュー 医院へ電話 問い合わせ

こどもの歯磨き指導


こどもの歯磨き指導、クリーニング

こどもの歯磨き指導

個人差が大きいですが、乳歯が生えてくる時期は生後6~8ヶ月頃で、生え揃うのは3歳頃になります。本数は上下10本ずつの合計20本です。色は永久歯が黄色味がかっているのに対して、青白色をしています。

当院ではお子様の年齢に応じた歯ブラシや歯磨き粉の選択から、正しい磨き方、後磨きの大切さなどのお話をします。ご家庭でも毎日ケアをしていただくことで、健康な状態を維持できるようになります。医院ならではのクリーニングやフッ素塗布などの処置も行っておりますので、ぜひご利用ください。

こどもの歯で気を付けること

こどもの歯磨き指導

乳歯は永久歯と比べ、エナメル質や象牙質が薄く、歯の結晶が未熟で柔らかいという特徴があります。また、中の神経の入っている空間が広いです。ですので、永久歯よりも「虫歯になりやすい、虫歯が進行しやすい、虫歯が重症化しやすい」という特徴があります。

乳歯は永久歯と生え替わりますが、だからといって大切にしなくても良いということではありません。乳歯は大人の歯が生え揃うまでの間に食べて、飲んで、話して、噛んだりすることを通じ、顎の骨の成長や脳の発達を助けます。また、乳歯の大きな虫歯は永久歯に悪い影響を与えることもあります。なので、小さいうちから小児歯科で乳歯の管理をすることはとても大切なことになります。

正しい歯磨きの仕方

  1. 歯ブラシの毛先を歯面に直角に当て、細かく動かして一本一本丁寧に磨きましょう。
  2. 奥歯から順番を決めて磨くと、磨き残しが出にくくなります。
  3. あまり力を入れると歯茎が傷ついてしまいます。優しいタッチで磨きましょう。
  4. 歯と歯茎の境目は、毛先を歯の表面に対して約30°の角度で下向きにし。毛先が歯と歯茎の境目に入るイメージで磨きます。
  5. 奥歯の噛み合わせの面や歯の裏側、歯と歯の間、歯の歯茎の間などは磨き残しになりやすいので、注意しましょう。
  6. お子様が磨いた後は、大人のかたによるチェックと仕上げ磨きをしてあげてください。

医院でのクリーニング

こどもの歯磨き指導

当院では歯の表面に付着しているプラークを除去したあと、PMTCという、専門家による機械的な歯面清掃を行っております。これにより家庭での歯磨きではなかなか取れない汚れも、きれいに除去することができます。機械を使用しておりますが、痛みはありません。そのため、歯医者さんが怖くて、なかなか受診できないお子様も安心して受けることができます

閉じる