メニュー 医院へ電話 問い合わせ

虫歯


虫歯の仕組み

虫歯の仕組み

硬い歯の表面に穴があき、最後にはボロボロと歯が崩れてしまう。これが虫歯と呼ばれる病気です。

虫歯の原因は、お口の中に住むミュータンス菌という細菌です。この細菌はプラーク、歯垢、またはバイオフィルムと呼ばれる固まりを作って、歯の表面に付着します。歯の表面にくっついた虫歯菌は、食べ物の中のショ糖を使ってネバネバした物質や酸を出します。

このネバネバで自分たちのまわりにバリアをつくり、酸によって表面から歯を溶かしていきます。この現象を脱灰といいます。この現象が起こると、歯の表層のエナメル質が破壊され、凹みができ、やがて穴になります。これが虫歯の仕組みです。

虫歯は絶対治療すべき?

虫歯は絶対治療すべき?

「いったん虫歯になったら自然治癒することはない」というのが昔の常識でしたが、今では「ごく初期の軽度の虫歯であれば自然にも治りうる」と、考えが変わってきています。なので、一概に「絶対に治療するべき」とは言い切れない部分があります。

ごく初期の虫歯が自然に治る仕組みは?

虫歯菌が歯を溶かすと、歯からカルシウムイオンが溶け出し、脱灰が起こります。このカルシウムイオンは唾液の中にも含まれているので、唾液中のイオンが歯から溶けだしたイオンを補うことで、歯を再石灰化させ、治癒させることが可能になります。また、フッ素塗布を行うと、フッ素がカルシウムイオンの代わりを果たしてくれるので、治癒が早まります。

必ず歯科医師に相談を

虫歯の自然治癒には患者さんの年齢や口腔内環境など、さまざまな要因が関わってきます。ですから「必ず自然治癒する」とは断言できません。また、進行した虫歯は治ることは絶対にありませんので、必ず治療が必要になります。治療は早ければ早いほど痛みや治療回数が少なく済むことが多いです。特に初期の虫歯は気づきにくいので、「虫歯があるのか、あるならばどの程度進行しているのか」という定期的なチェックを受けることはとても大切です。定期検診を含め、早めの受診をお勧めします。また、受診を迷うようなお悩みやご症状がありましたらご相談に乗ります。お気軽にお問合せください。

虫歯の段階別治療法

虫歯の段階別治療法1

虫歯の治療方法は、虫歯の段階ごとに変わってきます。

C0(要注意歯)

虫歯の初期の段階です。歯の表層のエナメル質が少し溶かされ、白く濁ったような色になります。

痛みなどの症状はなく、フッ素塗布などの処置で経過観察になることが多いです。

C1(エナメル質う蝕)

虫歯の段階別治療法2

虫歯が進行しているものの、エナメル質にとどまっている段階です。痛みはほとんど出ません。

虫歯の部分を削って詰める処置をします。治療は1日で済むことが多いです。

C2(象牙質う蝕)

虫歯の段階別治療法3

虫歯がさらに進行し、エナメル質の下の象牙質まで到達している段階です。甘いものや冷たいものがしみるなどの症状が出ます。

麻酔をして虫歯を削り、虫歯の深さや範囲によってプラスチックや金属の材料を詰めます。虫歯が深く、神経の近くまで到達しているときには神経を取ることもあります。

C3(神経まで到達したう蝕)

虫歯の段階別治療法4

虫歯が象牙質を突き抜け、歯の内部にある神経まで到達している段階です。熱いものがしみたり、何もしていなくてもズキズキと痛むようになります。

神経を取って中をきれいに掃除して薬を詰め、その後で詰め物やかぶせものを作ります。

C4(残根状態)

虫歯の段階別治療法5

虫歯により歯が根っこしか残っていない段階です。神経は死んでいるので、痛みはなくなります。

残っている根っこの部分にも虫歯が進行しているので、歯を残すことが困難になっています。歯が残せない場合は歯を抜いて、ブリッジや入れ歯、インプラントなどの治療をします。

閉じる