メニュー 医院へ電話 問い合わせ

マイクロスコープ


マイクロスコープはあらゆる治療に

高性能顕微鏡であるマイクロスコープは一般的にはとくに繊細な治療が求められる根管治療に多く使用される機器です。

しかし当院では、根管治療のみならず、歯周病治療や虫歯で歯を削る際など、あらゆるケースでマイクロスコープを活用し、治療の精度を高めています。

なぜ一般的にはマイクロスコープの使用は一部の治療に限られているかといいますと、非常に細かい部分まで拡大できる一方で、一回あたりの治療が長くなるためです。

マイクロスコープを使用した治療を施すための時間をしっかりと確保する当院だからこそ可能になる治療スタイルとなります。

マイクロスコープとは

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、視野を拡大してみることの出来る顕微鏡のことです。医科領域では耳鼻科を始め整形外科、脳神経外科、眼科など幅広く使用されており、歯科では主に歯の神経の治療のときに使用されております。そのマイクロスコープを利用した治療の有意性が認められ、アメリカでは1998年に、歯の神経の治療の専門医はマイクロスコープを使うことが義務づけられました。

マイクロスコープと肉眼の見え方の違い

マイクロスコープ

マイクロスコープの拡大率は最大で20倍ほどになります。これは、肉眼で1mmのものが20mmに見えるようになるということです。個人差が大きいですが、根管の入口の穴の直径は1mm以下になりますので、マイクロスコープを使えばその穴の内部まではっきりと捉えることができるようになります。

また、マイクロスコープには通常、視野部分を照らすライトが搭載されております。通常の歯科診療で利用されるライトと比較すると光が分散せず、見たい部分に限局して光が照射される為、より明瞭な視野を得ることが可能になります。

マイクロスコープを使用するメリット

マイクロスコープ

マイクロスコープを使用することで、根っこの内部を明るい照明のもと、拡大した状態で鮮明に確認することが可能になります。また、カメラとモニターを利用することで、治療中の様子を写真で確認したり、動画で見ることも可能になります。これは自分がどのような治療を受けているのか、患者さんご自身が目で確認することができるという大きなメリットとなります。

どこの医院でもマイクロスコープを使えるのか
(マイクロスコープの普及率)

マイクロスコープ

歯科用のマイクロスコープが開発されたのは1990年代の終わりごろとまだ歴史が浅く、残念ながらマイクロスコープを用いた歯科治療はまだ一般的とは言えません。高価な機器であることもあり、日本国内の歯科医院での普及率は3~5%程度と言われています。

「他院にて治療中だけれどなかなか良くならない」「治療の様子が見られず不安」「器具が歯の中に残ってしまったと言われた」など、さまざまなお悩みがあるかたがいらっしゃると思います。当院ではより精密で正確な、患者さん皆さんが安心して受けられる治療を心がけております。ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

マイクロスコープを使用した治療

閉じる