メニュー 医院へ電話 問い合わせ

こどもの矯正治療


こどもの時期に矯正治療は必要なのか

子供の矯正

矯正治療はこどものうちに始めた方が効果的と言われています。矯正治療はあごの骨の成長・発達を利用できるので治療期間が短く済んだり、矯正のために歯を抜かなくて済むケースも出てくるからです。また、正しい歯並びは虫歯や歯周病の予防につながります。

あごの成長がとまってからでも矯正治療は可能ですが、治療が難しくなることもあります。

子どもの矯正治療のメリット

  1. あごの骨の成長を正常にする
  2. 顔つきのバランスが整う
  3. 虫歯や歯周病を予防できる
  4. 永久歯の生える環境を整える
  5. 不正な歯並びや噛み合わせを予防できる
  6. 歯を通じて、健康への意識が高まる

当院ではお子様に適した治療と治療開始時期を診断致します。また、乳歯の虫歯や幼児期のクセが歯並びに影響を与えることもありますので、予防のためにも早めの受診をお勧めしています。将来的に矯正を考えているという場合は、一度ご相談にいらっしゃってください。

子どもの歯並び

嚙み合わせと歯並びの関係

子供の矯正

噛み合わせは「咬合(こうごう)」とも呼ばれ、上の歯と下の歯が接触すること、またはその状態を言います。お口の中には歯のほかにも、あごの骨や筋肉、舌や歯周組織などさまざまな器官があり、それぞれがうまく調和しはたらくことで、さまざまな機能を担っています。良い歯並びは良い噛み合わせを作り、これらのお口の能力を発揮させるためにとても重要な役割を果たします。

歯並びが悪くなるクセとは?

お子様を不正咬合から守るために、幼少時より注意しなければならない点がいくつかあります。鼻で呼吸すること、子どもの時から虫歯をしっかり予防すること、片噛みやほおづえなどのクセに注意すること、食事のときに口唇を閉じてしっかりかむことなど、多くの習癖が歯並びやかみ合わせに悪影響を及ぼします。日常の生活習慣を改善することにより、歯並びやかみ合わせの異常を予防し、正常なかみ合わせが得られることがあるのです。当院ではこのようなクセに対するご指導も行っております。

治療が必要な歯並び、噛み合わせ

下顎前突

子供の矯正

俗に「受け口」とも呼ばれます。下の歯が上の歯より前に出ている状態です。上下の前歯の傾斜に原因がある場合と、下あごの骨が大きすぎて上の歯列とずれてかみ合わない場合とがあります。よく噛めない、発音がうまくできないなどの問題が起こります。原因には遺伝、舌を突き出すクセ、上唇を噛むクセなどが考えられます。

叢生

歯がデコボコに生えたり、重なって生えている状態です。ほとんどはあごの骨が小さく、歯が生える場所が足りなくなって起こります。

八重歯

前から3番目の犬歯(糸切り歯)が、本来生えるべき位置に出られず、外側に飛び出した状態で生えている状態です。八重歯は上の歯に多く、これは上の糸切り歯が最後に生えてくるので、生えるスペースが残っていないと外側に生えてきてしまうためです。

上顎前突

日本人に多いタイプです。上の歯が前に傾斜しているタイプと、上のあごそのものが前に突き出ているケースがあります。食べ物をよく噛めない、唇が切れやすい、転んだときに歯が折れやすいなどの問題が起こります。原因には遺伝、唇をかむクセ、指しゃぶりなどがあります。

閉じる