メニュー 医院へ電話 問い合わせ

歯周病


当院の歯周病治療の特徴

歯科衛生士はきめ細かな対応ができるよう担当制です。

歯周病

毎回の治療のたびに歯科衛生士が変わる仕組みでは、患者様一人ひとりに合わせた治療は難しくなります。

当院では毎回同じ担当者がケアを行う担当制で、患者様にぴったりの治療を行っています。

歯科衛生士によるケアは一時間としっかりと時間をとり、徹底的に歯石などを除去します。

歯周病治療は歯周病の原因菌の塊を確実に除去することが重要です。

限られた時間では歯周病を引き起こす歯石の取りこぼしにつながる可能性があるので、

しっかりと一人ひとりの時間を確保した上で丁寧な処置を施しています。

マイクロスコープを活用した繊細な治療を行います。

マイクロスコープとは、歯科用の顕微鏡で、肉眼では見ることができない細部まで確認できる治療機器です。

この治療機器を使用することで、通常であれば見落としてしまうような歯石や細菌を除去することができ、歯周病の効果的な改善につながります。

パウダートリートメントで歯を傷つけません。

歯石を除去する際に、歯が傷ついてしまい、歯にダメージを負うケースがあります。

そこで当院では非常に細かな粒子が特徴のEMS社製のパウダートリートメントを導入しています。このパウダーは歯の摩耗を軽減することができ歯のダメージを抑える効果があります。

そもそも歯周病とは

歯周病

歯周病は、昔は歯槽膿漏とも呼ばれていました。歯周病は虫歯のように歯を壊すのではなく、歯の周囲にある歯を支える構造を壊していく病気です。糖尿病や心臓病などと同じく、生活習慣病のひとつに数えられています。 歯周病の原因は細菌の固まりであるプラークと、石のように固くなって歯の表面に張り付いている歯石ですが、生活習慣や食べ物の嗜好、遺伝的要素などがその発症と進行に複雑に関与しています。

また、全身疾患によって歯周病が進行することは以前から言われていましたが、歯周病が全身に悪影響を及ぼすことも知られてきました。例えば、早産やメタボリックシンドローム、脳梗塞、心臓疾患、糖尿病などが有名です。

歯周病をほっとくとどうなる?

①最初は歯肉炎

歯周病

プラークや歯石は歯の周りの組織に炎症を起こします。最初は歯肉炎という状態で、歯ぐきが腫れぼったくなったり、血が出たりします。この段階で歯磨きを一生懸命すればプラークは除去することができますが、歯石は歯ブラシで取ることはできませんので、クリニックでの専門的なお口のお掃除が必要になります。

②歯肉炎から一段階先の歯周炎へ

プラークや歯石を放置し炎症がさらに進むと、歯肉だけではなく歯を支えるための組織にも炎症が及びます。この状態を歯周炎と言います。歯と歯茎の隙間には歯周ポケットが形成され、さらにそこへプラークが入り込み、炎症が拡大していきます。それがさらに根の先の方へ進んでいくにつれて、歯の周りを取り囲む骨が溶けて、どんどん高さが少なくなります。この頃には歯ぐきが痩せて歯の根っこが露出してしまったり、膿が出てきて口臭がひどくなったりします。

③行き着く結末は…

土台の支えを失った歯はぐらつきだし、普段より固いものを噛もうとしたり、舌や指で強く押したりすると、その衝撃で抜けてしまいます。そして、永久歯は一度失われれば、もう二度と戻ることはありません。

このようなことにならないためにも、早めの治療と定期的なメインテナンスがとても重要になります。当院では歯周病の治療や予防を、説明から丁寧に行っております。どうぞご相談ください。

歯周病の段階別治療法

歯周病

当院の歯周病の治療の流れを説明致します。

①カウンセリング

現在の口腔内の状況や気になる症状、生活習慣や持病の有無についておうかがいします。

②口腔内診査

X線検査やプラークの染色検査、歯周ポケットの深さの測定、歯の動揺度の検査、噛み合わせを調べる検査などを行います。

③治療計画の立案

カウンセリングと診査をもとに、ひとりひとりの患者さんに合った治療法を立案致します。

④ブラッシング指導

歯周病の予防法として、毎日の歯磨きが最重要になります。ご自分の歯の形や歯並び、歯周組織の状態に合わせたプラークコントロールをご指導致します。

⑤治療

まずプラーク・歯石の除去と、歯ぐきや歯周ポケットの治療などの基本治療を行います。それでも歯周組織の改善が見られない場合は、歯周外科手術を行います。

⑥メインテナンス

再度検査を行い、治療効果の判定をします。その後再発防止のためのメインテナンスとして定期的にご来院頂き、チェックとクリーニングを受けていただきます。

歯周病の予防方法

歯周病

歯周病の治療には患者さんご本人の毎日の口腔ケアがとても大切になります。また、普段の生活習慣や喫煙習慣なども歯周病を悪化させる原因となります。当院では最初のカウンセリングの段階で、歯周病の原因となりうる要素のチェックを行わせて頂きます。クリニックでの治療とともに、ご自身で行える予防法をご指導致しますので、当院で歯周病の治療・予防をご一緒に始めてみませんか。

継続的なメインテナンスが重要

歯周病の治療では定期的なメインテナンスを推奨しています。これは歯周病が進行していないかどうか、プラークコントロールがきちんとできているかどうかをチェックするためのものです。また、歯石は歯ブラシでは取り除くことができず、歯科医師や歯科衛生士による除去が必要になります。症状や不具合がなくても、メインテナンスとして定期的に受診していただくことをおすすめしています。

閉じる