メニュー 医院へ電話 問い合わせ

予防歯科


予防歯科とは

予防歯科

「予防歯科」の概念が世界で初めて1970年代に打ち出されました。予防歯科とは病気になってから行う「治療」ではなく、病気を未然に防ぐ「予防」を大切にした考えかたのことです。

日本では1989年に厚生省から8020運動が発表されました。「平均寿命の80歳で自分の歯を20歯以上残そう」という目標です。この目標は、入れ歯を使っている人たちが噛みにくい食品をきちんと噛むには自分の歯を20本以上持っている必要がある、という考えのもと考案されました。

日本でも予防歯科の考え方が浸透してきたものの、スウェーデンやアメリカなどの歯科医療先進国と比較するとまだまだ充分とは言えません。ライオン(株)の調査によると、日本では治療目的の歯科受診が一般的ですが、スウェーデンやアメリカでは予防目的の歯科受診が多いとの結果が出ています。

歯科医院に「削られる、痛い、怖い」というイメージがある方もいらっしゃると思いますが、予防歯科はほとんどが痛くない処置となります。予防をきちんとすることで治療の機会が減り、結果的に平均通院回数が少なくなることも大きなメリットです。予防歯科はいつでも始められます。生涯長く自分の歯と付き合っていけるよう、当院で予防歯科を始めてはいかがでしょうか。

当院の予防歯科

当院の予防歯科の特徴

しっかりと時間をとって、一回で完結するケア

一人あたりの治療時間を長く設定し、次に紹介する検査、PMTC、パウダートリートメント、フッ素塗布など、充実した内容のクリーニングを一回の来院で完結することができることです。

治療が何回にも区切られてしまい、何度も来院しなくてはならないのは大変ですよね。当院では患者様の負担をできるだけ抑える診療体制を整えております。

予防歯科で行うこと

入念な事前検査

効果のある虫歯、歯周病予防のためには、患者様のお口の中の状況を正しく把握することが欠かせません。

レントゲンはさまざまな角度から10枚撮影するなど、時間をかけて正確な検査を行ってきます。

わかりやすいブラッシング指導

予防歯科

むし歯や歯周病などの口腔疾患の予防には、プラークと呼ばれる細菌のかたまりを取り除くことが最重要です。そしてプラークコントロールにはセルフケアとプロケアの両方が重要であることがわかっています。当院では歯科医や歯科衛生士が、患者さん一人ひとりのお口の状態に合ったブラッシング指導を行っております。必要に応じてデンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシの使用法もご説明致します。毎日行う歯磨きをより質の高いものとし、健康なお口を守りましょう。

専用の器具を用いたPMTC

予防歯科

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」のことで、専用の器具を用いた専門家による歯の清掃のことをいいます。ご自身では磨きにくい部分や歯磨きでは取れない汚れを、歯科医師や歯科衛生士が専用の器材を用いてきれいにクリーニングします。これにより目に見える範囲はもちろん、歯茎と歯の間に隠れているプラークを歯面から除去することができ、より確実な虫歯や歯周病の予防ができます。

ご自分で毎日歯磨きをしているのに、虫歯ができる、なんとなく口の中がすっきりしない、口臭が気になる…そのようなことを感じたことはありませんか?毎日の歯磨きに加えて定期的にPMTCを受けることで、より良いプラークコントロールが可能になります。当院でもPMTCを行っております。ぜひお気軽にご相談ください。

パウダートリートメントを使用したケア

歯石や歯の汚れを除去する際にはできるだけ表面を傷つけないようにすることが大切です。

パウダートリートメントはとても細かな粒のパウダーで、歯の摩耗を抑える効果があります。当院の予防歯科ではこのパウダートリートメントを採用することで、歯に優しいケアを行っております。

虫歯予防効果があるフッ素塗布

フッ素塗布は虫歯予防を目的に、健康な歯に対して行われる処置です。乳歯が生えてきたお子様から成人、老年期のかたまで、幅広く応用できる処置になります。

フッ素は市販の歯磨き粉やうがい薬などにも配合されており、様々な形で広く応用されています。当院を含めクリニックで行うフッ素塗布は、歯に直接フッ素を作用させるので、より高い効果が期待できます。 フッ素には歯質を強くするほか、ごく初期の虫歯を治したり、細菌が酸を作ることを抑制するはたらきがあります。また、定期的に作用させることでより高い効果が期待できます。

閉じる