メニュー 医院へ電話 問い合わせ

根管治療


根管治療とは

根管治療

虫歯になった歯を放置して、痛みを我慢しつつ長らく付き合っていると、そのうちいつの間にか痛みが消えていることがあります。これは治ったわけではなく、歯の根っこの先まで病気が進んでしまっていることによる可能性があります。

虫歯ができしばらく経つと、虫歯の部分が歯の内部にある神経に届いて、そこに炎症が起こるため、歯がズキズキと痛んできます。ここで治療をせず放置してしまうと、やがて神経は死んでしまいます。そうすると痛みはなくなりますが、神経は腐り、もともと神経があった場所は細菌の住みかになってしまいます。歯の中の神経のある空間は歯の根っこの先端から外へと繋がっていますので、増殖した細菌はそこから外へ出て、そのうち根の周りの組織を溶かしながら巣を大きくしていきます。

これらの病気を治すには、おおもとである虫歯を取り除くとともに、腐ってしまった神経も綺麗に取り除き、神経の入っていた管を広げ、薬を入れて、歯の中を細菌のいない清潔な環境にする必要があります。この一連の治療を根管治療と呼びます。この治療が済んだ歯は、後に詰め物などを詰めたり、被せものを被せたりすることができるようになります。

根管治療にはマイクロスコープが必要?

根管治療

歯の神経が入っている歯の根っこの内部空間のことを根管と呼びます。ここは暗く狭いので肉眼では大変に見えづらく、また、根管の形や数は人それぞれで異なってきます。それゆえ、これまでの根管治療はレントゲン写真や歯科医師の経験・勘に頼らざるを得ない部分が少なからずありました。しかしその不確かな治療は病巣を取り残してしまったり健康な歯質を削りすぎたりする可能性を生じさせ、治療トラブルの発生にもつながる恐れがあります。

当院ではマイクロスコープを使用した根管治療を行っております。マイクロスコープにより「治療においてできること」が増え、「治療の予後」が格段に良くなります。根管治療は緻密で繊細な作業を要求されますが、これを使用することで視野が大幅に拡大され、より確実で精密な治療が可能になります。

歯髄が死んでしまった歯は脆くなってしまいます。しかし、きちんとした根管治療により、歯としてまだまだ機能させることができるようになります。マイクロスコープは正確な根管治療に欠かせない機材であると言えます。

他医院で抜歯が必要と言われた方でも治療できます

根管治療

他医院にて、根管治療が困難で、「もうこの歯は残せない。抜くしかない」と言われた患者さんもいらっしゃるかもしれません。治療が困難となっている原因は様々なものが考えられますが、マイクロスコープを使用することにより、治療が可能になる可能性があります。肉眼では見えにくく操作がしにくい場合でも、マイクロスコープの視野下でははっきりと見える、操作が可能であるということが往々にして起こり得るからです。「ぜひ歯を抜きたい」と思う患者さんはいらっしゃいません。抜いてしまう前にどうか、当院にご相談ください。

根管治療中の注意点

・根管治療は症状によって終わるまでの治療回数が変わってきますが、大体4~6回程度が目安となります。本当に良くなっているのか不安に感じることもあると思いますが、かぶせものを作るための基礎工事として、大切な治療になります。分からないこと、不安に思うことがございましたら遠慮せずにお話しください。

・根管治療中は痛みを感じることがあります。違和感を感じるような、シクシクした痛みです。この痛みは歯の神経が部分的に残っていたり、根の先の組織を清掃するときの刺激によるものです。多くの場合は2~3日で引いてきますが、痛みに弱いかたや痛みが強いかたには鎮痛剤をお出しします。我慢せずにお申し付けください。

閉じる