メニュー 医院へ電話 問い合わせ

入れ歯


様々な症例に対応できるよう幅広い種類の入れ歯と取り扱っております

歯を失った場合の治療方法にはいくつかの種類がありますが、歯の失われた範囲が多いと、取り外しのきく入れ歯を入れるケースが多くなります。入れ歯は、歯がなくなった場所に土台をつくりそこに人工の歯をはめて作る装置になります。

歯が抜けたところをそのまま長期間放置すると、残っている歯が動いてしまったり骨が痩せてきたりして、入れ歯を入れたときにうまく安定しなくなってしまいます。歯を抜いた・歯が抜けたときには早めに治療しましょう。

金属床義歯

入れ歯

床をゴールドやチタンなどの金属で薄く仕上げた、違和感の少ない入れ歯です。床が金属だと温度が伝わりやすいので、食事もおいしく召し上がれます。

コバルトクロムプレート

入れ歯

床の部分がコバルトという金属でできた入れ歯です。金属プレートの中では比較的安い素材となります。レジンの床よりも薄く、耐久性に優れ、熱の伝わりも良く、違和感少なくご使用いただけます。

コーヌス義歯

入れ歯

残っているご自分の天然歯に金属のかぶせものをかぶせ(内冠)、そのかぶせものに合う外冠をつけた入れ歯を装着するというタイプの入れ歯です。一般的な部分入れ歯の特徴である「金属のバネ」がありませんので、他人から入れ歯をしていることを知られる心配がありません。内冠と外冠を固定しないので取り外しが可能ですが、食事のときなどに簡単に外れることはありません。

インプラント義歯

入れ歯

埋め込んだインプラントを土台にして装着する入れ歯です。歯が失われた範囲すべてをインプラントにするよりも費用、外科手術による体への負担が小さく済み、また、総入れ歯の場合は、土台となる歯ができることでより安定した入れ歯にすることができます。

アタッチメント義歯

入れ歯

差し込み式のアタッチメントで固定するタイプの部分入れ歯です。アタッチメントには「磁石の力で固定するもの」「2つのパーツを凹凸のように組み合わせるもの」があり、患者様の症状やご希望に合わせてお選びいただけます。アタッチメント義歯にはバネがなく、アタッチメントは義歯と一体化しているため、装着時に目立ちにくい構造となっています。

閉じる