メニュー 医院へ電話 問い合わせ

インプラント


CTによる診査・診断

インプラント

当院にはCT撮影のための装置が備わっておりますので、他院に依頼することなくスムーズな検査を行うことができます。

CT画像により精密なシミュレーションが可能に

インプラント

CT撮影により患者さんの骨の形態や骨量、神経の位置を確認し、シミュレーションを行ったうえで手術を行わせて頂きます。

骨の量が足りないと言われた方へ

骨の厚みが薄いと、インプラントを固定することが難しくなるためにインプラント手術が困難であると言われることがあります。しかしこれは、骨移植を行うことでインプラント手術が可能になることがあります。当院では骨移植の処置も行っておりますので、ぜひご相談ください。

マイクロサージェリー

インプラント

当院ではマイクロスコープを応用したインプラント手術、マイクロサージェリーを行なっております。これにより、より正確な操作が可能となりばかりか、術後の治癒が早まるといった利点があります。

最新のデジタルガイドサージェリー

インプラント

患者さんの口腔内模型とCTスキャンによるデータをもとに、最適なインプラント埋入位置を決定致します。これにより万が一の事故を防ぎ、より安全で確実な手術が可能となります。

ストローマンのインプラントを使用しています

インプラント

当院では数あるインプラントメーカーの中でも、多数の実績を持ち、大学病院でも多く採用されているStraumann® のインプラントを採用しております。スイスの精密技術と優れた臨床研究をルーツとするStraumann® デンタルインプラントシステムは、高い品質と信頼性で知られており、科学的エビデンスでしっかりと裏付けされた世界的なシステムです。

インプラント手術に不安を抱える方へ

静脈内鎮静法に対応しています。

インプラント手術への恐怖心や不安を感じて、治療を後回しにしてしまう方がたくさんいらっしゃいます。

当院では少しでも不安を和らげていただけるように静脈内鎮静法に対応しています。静脈内鎮静法を行うと、痛みが消えるだけでなく、とてもリラックスできる効果があり、治療への不安が薄くなります。

インプラントに興味があるけれど、緊張してしまうという方はぜひご相談ください。

静脈内鎮静法の費用

費用は6万円となっております。

インプラントはメンテナンスが大事

インプラント

天然歯と比較すると、インプラントとあごの骨との結合力は弱くなるため、インプラントの周囲は天然歯より、細菌に感染しやすいという欠点があります。インプラントを長持ちさせるために、患者さんによる毎日のプラークコントロールと定期診査によるメンテナンスが必要となります。

インプラント周囲炎とは

インプラントと歯茎の間にプラークが溜まり、それが原因で起こる炎症をインプラント周囲炎といいます。歯周病の細菌が原因となりますが、天然歯の歯周炎と比較し症状に気づきにくく、進行が早いのが特徴です。放置しておくと骨吸収が起こり、インプラントがぐらつきだし、抜けてしまうこともあります。このようにならないためにも、メインテナンスが重要となってきます。

インプラント治療の費用の目安について

治療費は症状や取り付ける上部構造(白い歯の部分)の素材によって費用が変わりますので、ここでは一例を紹介します。

インプラント(人工の歯根)、歯と歯根をつなぐアバットメント、e-max(オールセラミックの人工歯)の場合、1本37万円(税別)になります。

その他のケースでは費用は変わりますので、ご相談ください。

閉じる